★川島めぐみちゃん★

セクシー・アイドル「川島めぐみ」ちゃんの画像・動画データベース。プロフィールや出演作品もご紹介 イグアナの娘Vol.2 [VHS]
[1996-09-20]
イグアナの娘Vol.2 [VHS]


処女のはらわた [VHS]
[1986-08-10]
処女のはらわた [VHS]


イグアナの娘Vol.3 [VHS]
[1996-09-20]
イグアナの娘Vol.3 [VHS]


喪服美人15人 ~肉棒狂いの未亡人たち~ 桃太郎映像出版 [DVD]
[2009-02-07]
喪服美人15人 ~肉棒狂いの未亡人たち~ 桃太郎映像出版 [DVD]


人妻熟女被虐総集編 狂い泣く豊満マダムの花園 岡崎美女 酒井ちなみ(紫葵) 川島めぐみ 紫彩乃 望月加奈(松沢真理) シネマジック [DVD]
[2009-07-01]
人妻熟女被虐総集編 狂い泣く豊満マダムの花園 岡崎美女 酒井ちなみ(紫葵) 川島めぐみ 紫彩乃 望月加奈(松沢真理) シネマジック [DVD]


僕の母親を抱かせてやるから、君の母さんをヤラせてくれ。 [DVD]
[2008-10-16]
僕の母親を抱かせてやるから、君の母さんをヤラせてくれ。 [DVD]


スリム膳
スリム膳


TVアニメ「大正野球娘。」音楽集
[2009-10-07]
TVアニメ「大正野球娘。」音楽集
◎良い楽曲群です。だって本編が良いから
 アニメ作品にかかわらず、三谷作品や数多くの映画随伴曲を創作している、かの服部隆之氏による「大正野球娘。」のサントラ作品集  コメディからシリアスやサスペンス、特撮にバラエティ番組まで、ありとあらゆる楽曲を生み出した氏のサントラは、アニメ本編の爽やかさも相まって春風の如き爽快感を与えてくれます。生音を主体とし、音数の少ない編成ながら器楽一つ一つの重ね方が柔らかく、とても印象的でリリカル、どこか懐かしさもあってとても聴きやすく仕上がっています。オケの差し入れ方も見事で、多用されるフルート・ハープの音色を損なう事無くすっきりとした印象を受けます。サントラ作品のお手本、と言えるような確かな作りに脱帽です  特筆はハープ主体の楽曲で、時代性が加味された日本情緒あふれるフォーマットを用いているので、琴のような味わいがあるのが新鮮でした。ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、単にサントラ作品として楽しめるばかりでなく、これから作曲家・アレンジャーを目指している方へのテキストにもなりうるサントラ、と言えるかもしれません
◎3000円で買う価値はあるかな
おそらくアニメを見たことある人が殆どだと思いますが、見たことない人や未視聴の人は他の方が言うようにレンタルでもいいのでぜひ見た方がいいと思います。 最初の1話冒頭はちょっと驚くと思われますがこれは本編とあまり関係ないのでこの辺は目をつぶっててもいいでしょう。なお冒頭の曲も歌無しverとセットで入ってます。 さて、このサントラですが全部で50曲あり、サントラとしてはかなりの量じゃないでしょうか。 まあほとんどが1分以下~2分弱の曲ですが、アニメを見た人は思い出すように出てくるかと思います。 また、自分があまり音楽の方には関心が行かなかったせいか、聞いたことないような曲もいくつか入ってます。これはもしかして2期の伏線なんでしょうかね。 このアニメはピンチになったり挫折する場面が多く、起承転結でいうと転が最も多いアニメですので、 自分のおすすめは「うまくいきませんわ」と12曲目の「ピンチですわ・・・」ピンチは同じ曲名が2つあるんですが・・・この2曲はまさに序盤の彼女たちを思わせる部分で事あるごとに挫折する所で流れます。この2曲はおそらく一番聞いたことがあるんじゃないかと。 あとは「全力疾走」なんかも大正らしさを感じる所で使われる曲です。 大正時代と言えば絶望先生なんかもそうですが、あっちとはまた違う雰囲気の曲で少しモダンな感じです。 サントラやアルバムというのはどうしても値段で躊躇してしまうんですが、音楽の出来からつい買ってしまったものの、やはり良曲揃いでした。しかしまぁ値段はどんなサントラも同じですが、☆は一つ減らしました。
◎『東京節』おすすめです
アニメ全話を観て、このアニメは良く作られていて安心して観ることができたので、とりあえずサントラを購入した次第で・・・。 私のおすすめは・・・ 3曲目『パイノパイノパイ(東京節)』・・・最初これをアニメ本編で観た時「なんだこれ・・・」と一瞬思考が停止しました(笑)。ただ何度も聞くとハマります。伊藤さんの声もあるのでしょうが。 6曲目『お転婆で失礼!』・・・この曲を聞くと「まってました十番小町!」「よっ!大統領!」と脳内再生されるのは私だけ?私だけですかね・・・。 46曲目『そして、歩き出す』・・・節目で使われた曲で、個人的に『大正野球娘』のテーマにしています。大正時代を意識してか雰囲気が良く出ています。 アニメを観た方は『東京節』のインパクトはとてもあると思います。まだ買っていない方は購入をおすすめします。 観ていない方には、いきなりサントラはすすめづらいので「DVD」ならびに「BD」をおすすめします。 この作品は夕方放送しても良い内容で、全話を通して安心して観れる(たまに一人突然キレる人がいますが怖い作品ではありません(笑))良作だと全話観て思いました。 「放送されたアニメ=録画でOK」の考えの私が本当にBD版を買おうか悩む初めての作品(じゃあ買えよ!というつっこみはナシで(笑)まだ買うかもしれないので)です。 好みは人それぞれですが、笑えるシーンが結構あったり、微笑ましいシーンがあったりするので良い作品だと思うのですが・・・。


浪漫ちっくストライク
[2009-07-22]
浪漫ちっくストライク
◎大正野球娘OP曲。歌う声優の数は4人だけでなく、全員でも良かったか?
TVアニメ「大正野球娘。」のOP曲です。 「野球をする女の子たち」というテーマでの曲なので、年頃の子供たちの若さを感じさせる曲調です。 実際のキャラを演じている声優のうち、歌っているのは ・鈴川小梅(伊藤かな恵) ・小笠原晶子(中原麻衣) ・川島乃枝(植田佳奈) ・宗谷雪(能登麻美子) の4名のみになります。実際は主要キャラは9名いますから、4名の選出基準が不明。 どうせなら9人全員か、もしくは1人だけ(その場合は主人公の小梅になったであろうが)にすればよかったのではないかと。 出来栄えとしては「平均」と思います。ED曲のほうがむしろいい曲ですね。
◎励まされ、元気がでる!
彼女達の野球に対する意気込み、本気度を伺えます。優しさも感じられ素晴らしい歌です。
◎リズムがかなりいい!
大正野球娘のOPです。 リズムがいいので、聞いていて気分よくなります。なんか、風が吹き抜けた涼しく心地いい気持ちになります(大げさ…… バッグの音楽も目立ちすぎず、声優陣の良さを存分に感じられます。 なんと言うか、大正野球娘のアニメの世界観が味わえるような感じがしますね。
◎ノリが良いのに優しい気持ちになれる
アニメを見て気に入って購入。 作曲が服部隆之のアニソンてwと一瞬思ったけど 作詞がCooRieのrino、編曲が大久保薫というところに 制作側のこだわりを感じたww あ、曲は申し分なく良いですよ。大久保薫のアレンジは良いね。 詞も2番まで聴くとさらに良いので、やっぱフルサイズで楽しむべき。 しかし聴いてて気持ちが上がって楽しいのに落ち着く感じがするアニソンてはじめてかも。 何度聴いても飽きないのは、やっぱり服部隆之のメロが良いんだろうなと思う。 カップリングは作詞作曲がrino、編曲はこちらも大久保薫。 こちらは王道かな。元気さと華やかさが際立ってます。 特に伊藤かな恵の歌声がよい感じ。 こちらも良曲なので買ってよかったと素直に思えた。 迷ってる人は損はないと思う。


サンシャイン・ガール(紙ジャケット仕様)
[2008-08-27]
サンシャイン・ガール(紙ジャケット仕様)
◎80年代の岩崎宏美とも言える響く歌唱が素晴らしい!
こういう埋もれた人材の作品がCD化されて素晴らしいことです。 80年代にこれだけの正統派の歌唱ができるアイドルなんて数える程であるのだが、 売れなかった理由としては、特に目立つ楽曲がなかったからかな?と思う。 どちらかというと与えられた楽曲の方が歌い手の川島恵を生かしてない作品が多い ように思う。それなりの佳曲が多いのだが、みんなが覚えてるような作品がない。 事務所の努力も余り感じられなかった。 素材が良かっただけに勿体無い。
◎祝・復刻
待望の復刻ですね。声質がホントいいですね。オムニバスで初めてミスター不思議を聞き、他の曲も聞きたいと思っていたのでとてもうれしいです。確かに曲はよくまとまってますが、まとまりすぎかな?もっと色んなタイプの曲を歌ってもよかったのに。キャラのまんまでしたね。しかも後期は演歌に転向とは・・。今なら声優とかやってたりしてたら、もっと活躍出来たかもしれないですね。
◎彼女は悪くないけど。
とにかく82年デビューなのにサウンドが古い!早見優の1stと同時購入して聴いたが、せっかくそれなりに歌える娘なのに、ダサすぎて…。東芝翌年の桑田靖子に続く実力派だとは思うが、デビューがあと3年早ければ…。
◎全曲集CDが欲しい
歌唱力十分だが比較的地味な印象だった川島恵。彼女の唯一のアルバムがCD化されることになった。オリジナルは82年6月21日発売で、収録曲は以下の10曲(半分がシングル収録曲):「ザ・サンシャイン・ボーイズ/夏少女/握手/結婚したなら/黄昏海岸//ミスター不思議/ためらい志願/乙女ばなれ/失恋第一章/野を駈ける少年のように」 本作はアルバム未収録曲も追加すれば全曲集CDが作れるはずなので、星1つ減点。2008年の今になって曲の出し惜しみをするのはやめて頂きたいものだ。


電話カウンセリング―電話相談の専門性と治療関係
電話カウンセリング―電話相談の専門性と治療関係


ウフ.2008年8月号
ウフ.2008年8月号


山谷ブルース (新潮OH!文庫)
山谷ブルース (新潮OH!文庫)
◎棄民の街
山谷との接点は全くないと言う訳ではない。矢吹丈、丹下段平のホームタウンとして興味もあるし、たまにカフェバッハ(162ページの「日本堤」はカフェバッハのおカミさん?)に行くので足を踏み入れたこともある。ついでに言うとカフェバッハに行く途中にUターン禁止でマンモス交番のお巡りさんに怒られたこともある。 そのマンモス交番で、お巡りさんに煙草をせびる浮浪者と、躊躇なく煙草を与えるお巡りさんに妙な違和感を覚えた。交番を出て見ても、労働者の街というよりは浮浪者の街という佇まい。山谷は変質してきていると感じたのが、本書を手にたきかっけだ。 ノンフィクションとしてはすばらしく出来がいい。山谷の住民は簡単には胸襟を開かないはずだが、著者はルポライターとしてではなく、日雇い労働者として山谷に溶け込んでいる。それも、ルポを書くために体感したというレベルではない。本書に書かれている労働者の声は、インタビューに答えたものではなく、労働者間の連帯感がこもった会話である。生々しくもあり痛々しくもある。 それでも本書が書かれたのはバブル経済末期であり、労働事情は現在より遥かによかったはずだ。エピローグに山谷のその後が少し書かれているが、昔は少なからずあった反骨精神や這い上がろうとする足掻きは今はないのだろう。高齢労働者と浮浪者が喘ぎ、やられたらやりかえせという気力もない街は、まさしく「棄民の街」呼ぶのが相応しくなってしまっているのかもしれない。
◎日本の見えなかった部分を再発見
東京に住んでいても足を踏み入れたことのなかった山谷の世界を、アメリカ人の目を通して教えてもらうことができました。現在、カリフォルニア大学で教鞭をとっているという著者にも非常に興味がもてました。是非、続編がでることを期待したいです。
◎建築現場の実態がわかる
 街中でよく見かけるホームレスの人たちと山谷に住む日雇い労働者の人たちでは、家がないという点では同じでも少し事情が違うことが本書を読むことでわかった。  実際の建築現場では外国人の労働者や日雇いの人たちが、ヨゴレで危険な仕事に従事している。そういう事情を外国人の大学教授が体を張ってレポートしている点が驚きだ。日本人による同様のレポートもあるが、外国人という違った視点で語られるところに読む価値があると思った。
◎衝動もそのまま
疲れてむしゃくしゃしているとき、釜ヶ崎に行く。自販機の前に座り込んで酒を飲み、三角公園で寝転び、路上のサイコロ博打に興じる男たちを見てまわる。少し元気になって帰ることができる。この街は得体が知れない。なのになぜかとても懐かしい。どうしてだろう。前々から抱いていた謎に、本書は十分に答えてくれる。 日本文学の研究者で、カリフォルニア大学の教授であるアメリカ人が、山谷に住み、内側からレポートする。山谷住人との血の通った交流を成功させ、言葉にしているだけではない。家族も仕事も捨ててここ山谷に沈んでしまいたいという著者の衝動も、そのまま記録されている。山谷の魅力に引かれ揺れる己のこころと対峙しないではいられない。
◎詳細な調査・体験に基づいた大作
内容の深さと質の高さに感銘を受けた。本書は山谷の労務者、行政関係者、労働組合などへのインタビュー、著者自身の日雇い労働の記録、等詳細な実地調査・経験などが見事に融合されている。外部者という立場を最大限に生かしている。著者はまた、「ミイラ取りがミイラになる」ような体験もしており、それも本書で共有していることがこの本を奥深いものにしているのでは。「Bum(浮浪者)はuなしに語れない(ひょうなことからお前だって浮浪者になるかもしれんぞ)」という引用には自分自身でも恐怖を感じた。普通の人がちょっとした運命の歯車が狂ったことで人生を転落していくという怖さを感じました。


次のページへ

川島めぐみ画像Top
(c)idol_.otope.net

オトペ.net 無料ホムペ作成 無料ホームページ作成オトペ.net